イベント概要

石器と人類の生活史

 

人類が石を道具として使った考古学的証拠が確認されるのは、今から約330 万年前のことです。金属器が実用化されるのが約5 千年前ですから、人類はとても長い時間、石の道具を開発してきたのです。オリエント美術館が所蔵する石器を観察し、人類の発達や、暮らしの変遷を考えてみたいと思います。

 

 

<会期>
2020年6月2日(火)〜7月26日(日)

 

<休館日>
毎週月曜日

 

<開館時間>
午前9時から午後5時(入館は午後4時30分まで)

 

<入館料>
一般 310円(団体料金 250円)
高大生 210円(団体料金 160円)
小中学生 100円(団体料金 80円)

※団体料金は20名以上からの適用
※満65歳以上の方、障害者手帳をお持ちの方とその付き添いの方1名は無料
※館蔵品展「オリエントの美に学ぶ」と共通

 

<会場>
岡山市立オリエント美術館

〒700-0814 
岡山県岡山市北区天神町9-31

 

<お問い合わせ>
岡山市立オリエント美術館
TEL : 086-232-3636 
FAX : 086-232-5342
E-MAIL : orient@city.okayama.lg.jp

 

 

詳細はこちら ▷ 岡山市立オリエント美術館