イベント概要

エンテベ空港の7日間

 

監督:ジョゼ・パジーリャ
出演:ロザムンド・パイク、ダニエル・ブリュール
2018年/イギリス・アメリカ/英語・ドイツ語・フランス語・ヘブライ語・アラビア語/107分

 

1976年6月27日、テルアビブ発パリ行きのエールフランス機が、4人のハイジャック犯に乗っ取られた。ハイジャック機は、ウガンダのエンテベ空港に着陸。犯人たちは500万ドルと、世界各地に収監されている50人以上の親パレスチナ過激派の解放を要求する。多数の自国民を人質にとられたイスラエルのラビン首相は、交渉の道を探りつつも態度を保留。テロリストとの交渉に反対するペレス国防大臣は、士官らと秘密裏に人質奪還計画を練っていく。
救出までの7日間。極限の状況下でハイジャック犯と人質、政府首脳らの間に何が起きていたのか?実話に基づき岐路に立たされた人間たちの対立と葛藤に迫るポリティカル・ヒューマン・サスペンス!

 

エンテベ空港の7日間 ▷ 公式サイト
 

 

<会場>
シネマ・クレール
〒700-0823 
岡山市北区丸の内1丁目5−1‎
086-231-0019

 

<上映予定>
2019年11月22日(金)~12月5日(木)

 

<上映時間>

11月22日(金)~11月28日(木)
 ① 9:50~11:45
 ② 11:55~13:50
 ※②11:55は、22〜24日休映

11月29日(金)~12月5日(木)
 ① 10:00~11:55

 

 

詳細はこちら ▷ シネマ・クレール